若い時には洗顔後化粧水パックして、美容液塗って乳液塗ってマッサージして。。と美容には気をつけていたものの、
いざ子育て中となると美容の事は後回し。
毎日子育てに追われて子供の準備が優先でなんにも塗らないでそのまま子供と寝てしまうなんて事もしょっちゅうでした。
ふと鏡を見た時に、私ってこんなに疲れた顔だったっけ?!って悲しくなった経験があります。

でもそんな時でもオールインワンゲルなら顔を洗った後さっとひと塗りするだけですし、お風呂上がり慌ただしくタオルで拭いて子供を追っかける前にも湯上りにさっと塗れますし、ついでにその手で子供にも塗ってあげれば親子でツルツルです!

お母さん世代の方にもオールインワンゲルはとてもおすすめで、何のテクニックも要らずにさっと塗るだけでお化粧のりが良くなるので母にもおすすめしています。
オールインワンゲルなら男性にも髭剃り後のケアにも簡単に使えますし、家に一つあればのオールマイティに仕えるアイテムなのです。
それにベタベタしないので季節を問わずに使用できるのも魅力です。

オールインワンゲルパックでぷるぷる肌を目指しましょう♪オールインワンゲル、それは忙しい現代の私たちには強い味方です。
メイクを落として洗顔をして、化粧水をつけてさらに乳液や美容液をぬりこむ。いったいいくつの作業を私たち女性は日々行っているのでしょう。
お風呂からあがったら、髪を乾かすという大仕事も待っています。

ロングヘアの私はドライヤーにも30分ほど費やします。
顔にもお手入れをしなくてはいけない。あーもう面倒くさい!疲れていて早く横になりたいときはなおさらです。
そんな時にオールインワンゲルがあると便利です。
最近のオールインワンゲルは化粧水・乳液の2役に限らず、コラーゲンやビタミンや様々な成分の入った美容液効果のある物も多く出ています。
ゲルなので浸透性もよく、しっかりと保湿と保護をしてくれます。
少し前までは一つで何役もこなす商品はやはりどっちつかずな印象がありましたが、いまではその実用性を見直しています。

最近ではオールインワンゲルをたっぷり厚めに肌にのせ、化粧水パックならぬゲルパックをして贅沢気分を味わっています。
水分たっぷり浸透し、あのひんやり感が毛穴を引き締めてくれ、ぷるっぷるの手触りになります。
肌がつかれているなと感じたらオールインワンゲルパックはいかがでしょうか。

オールインワンゲルでドレッサー周りの断捨離を!
ドレッサーや洗面所などの鏡の前に、ずらーっと基礎化粧品の容器が沢山並んでいる光景は、如何にもスキンケアやメイクに気を配ってますと言うオーラを放っていたりします。
これって、ほぼ自己満足なんじゃないでしょうか。
まぁ、メイクやスキンケア自体、自己満足とも言えなくもないですけど。

でも、全ての化粧品をいつ開封して、どれぐらいの期間で使い切らないといけないかときちんと把握している人は少ないんじゃないでしょうか。
化粧品は、食べ物と同様に鮮度が命の部分があります。開封と同時に雑菌が入り込んで、日々劣化して行ってるのをご存じでしょうか。

使い切る地に越したことはありませんが、開封してから数カ月から半年持使い続けていると、高価な化粧品でも効果が期待できるどころか、肌を炒めてしまう原因になりかねませんよね。
その点、オールインワンゲルは、化粧水や乳液などの基礎化粧品に美容液などの効用がプラスされたものが多いので、幾種類もの化粧品を抱え込まなくて済みます。

収納、価格などを比較しても、個別に揃えるよりは、ずっと管理がし易くなります。
ミニマリストへの手始めに、まず化粧品から見直してみるのもいいんじゃないでしょうか。

私はどちらかというと敏感肌のようで、自分に合った化粧品を選ぶのに試行錯誤してきました。
使うものによって、乾燥肌になったり、オイリー肌で毛穴が目立つようになってしまったりの繰り返しでした。
そして、化粧品の成分に注意が行くようになり、自然派であったり、無添加であったりといろいろな種類があることに気が付きました。

その中で、私が注目したのが、合成界面活性剤というものでした。これはクリームを乳化するために使われているものです。
合成界面活性剤が私の肌を痛めていることが分かったので、保湿クリームを使わないようにして、オイルを代用することにしたのですが、オイルでの保湿効果はいまひとつでした。
途方に暮れかけていたところ、出会ったのが、オールインワンジェルでした。

それまでもオールインワン化粧品があることは知っていたのですが、手軽さだけが売りで、お肌への効果など期待できないと思っていました。
けれどもジェルという形状の特徴を知り、思いは変わりました。
ジェルは乳化する必要がないため、合成界面活性剤を使わずに作ることができるのです。

さらにジェルは肌に密着し、通気性が高く、保湿効果が持続するという効果があり、私の悩みは解決されたのです。
日々のお手入れも簡単になり、コストパフォーマンスも期待できて、オールインワンジェルに出会えてよかったと思っています。

肌の黒ずみは歳をとるにつれ自然とできていきます。
ですが顔の黒ずみだけでなく、体全体でも肌の色むらは誰にでもあります。
肌が白くてきれいな人でも脇や肩、足の付け根などよくこすれる部分は黒くなりやすくなります。
顔が黒ずんで暗い印象になるのは、乾燥によく角質肥厚、寝不足やストレスから血流が悪いこと、日焼けなどいろいろな原因があります。

体の色むらも角質肥厚が原因で黒くなります。
血流が悪くなっているのは、生活習慣などの原因を改善するのが1番いいですが、乾燥による角質肥厚はピーリングがおすすめです。
肌が乾燥していると、乾燥を防ごうとして肌の新陳代謝を促すのですがうまく古い角質がとれずたまってしまった状態になります。

そして古い角質がどんどんたまっていき黒ずんだ肌になってしまいます。
角質がたまった肌にどれだけいい美白の美容液などをつけてもあまり効果はありません。
なので角質をとるためにピーリングをしてから化粧水や美容液をつけたほうが効果を期待できます。
ですがやりすぎも乾燥の原因になるためいけません。

製品によって効果も違うので、使用頻度はその製品にかいてある通りにしてください。
体の黒ずみもスクラブをするだけでだいぶ触った感じも見た目も変わります。
お風呂で簡単にケアできるものも多いのでおすすめです。

ショッピングモールに出かけて、とりあえずどんなものが流行っているのかな?みたいなものをチェックしてきました。
最近は入浴剤とかも出ていますけど、夏向けのクール系が出てきていましたね。
クナイプのレモンバーム入新作が出ていたので思わず購入してしまいました。
すっきりとした香りだし、かなり身体も癒やされる感じです。

それから、化粧品コーナーにも行ってきました。
今はショッピングモールでも美容部員さんとかがいるのでいろんな相談をしながら購入することができていいな〜って思いました。
個人的にルナソルのアイシャドウが欲しいなって思ったのですが、5000円くらいしちゃうんですよね。

それを考えると資生堂とかのアイシャドウに格下げしちゃおうかなって思ったりしちゃいました。
でもまぁ、まだアイシャドウは残っているのでもうしばらくたってから購入しようと思います。
でも、ショッピングモールに行けば、いろんな新商品とかあるし、化粧品とかも色々あって選べるな〜なんて思いました。

中学生高校生のときは、ニキビに悩まされてきました。
大学生デビューしてからはその反動か、ニキビ痕を隠すために厚化粧でごまかしていた私。
周りの子達もコンシーラーにBBクリーム、リキッドファンデの上にさらにパウダーファンデと重ねに重ねるのが流行っていました。

塗れば塗るほど隠れるあばた、毛穴。
肌への負担など考えずに夢中で化粧をしてました。
遊び歩いた夜は、テキトーに化粧を落として終わり…しっかりしたケアもせずに。
そんな過酷な状況でも、若さのせいか一晩寝れば肌のコンディションは元に戻っていました。

そしてそれをありがたいとも思わず、当然のように受け止めていたのです。
入社して数年経ったある日の事です。朝起きて、顔を洗おうと鏡の前に立った時。
「え?これが私の顔なの?」と、思わず声を上げました。そこに映っていたのは、青黒い肌色の、離れて立っていても毛穴が見える顔でした。
こんなに毛穴目立っていたっけ?と、近づいて見てみると、前は丸かった毛穴が下に向かって伸びたように楕円になっているのです。

もともとニキビやオイリー肌で広がっていた毛穴が、年齢でたるんだ皮膚に引っ張られてさらに大きくなっていたのです。
気づいたときは本当にショックでした。
その毛穴を隠すためにますます厚化粧になる日々…。
一刻も早く、このたるんだ顔と毛穴をなんとかしたいと、クリームやエステなど調べている最中です。

No newer/older posts